« 部屋の中に入りたい猫 | トップページ | お尻にドライヤーを当てられた猫の笑顔 »

2013.05.22

Microsoftが次世代機「Xbox One」を正式発表

日本時間5月22日午前2時、MicrosoftのRedmondキャンパスにて次世代「Xbox」のイベントが開催され、Xbox360の後継機となる新しいゲーミング体験をオールインワンで実現する次世代機「Xbox One」が正式発表されました。

▼クリックで拡大

Microsoftが次世代機「Xbox One」を正式発表

Microsoftが次世代機「Xbox One」を正式発表

Microsoftが次世代機「Xbox One」を正式発表

Microsoftが次世代機「Xbox One」を正式発表

Microsoftが次世代機「Xbox One」を正式発表

本体のスペックについてプレゼンを行ったMarc Whitten氏によると、「Xbox Oneは8コアCPUと8GBのメモリ、500GBのHDD、Blu-rayドライブ、USB 3.0ポート、Wi-fi(802.11n) を搭載、光学ドライブにはトレイが存在しない」とのことです。

発売は2013年内予定で、価格は未定。



また、Xbox One対応タイトルとしてEA Sportsの新作「FIFA 14」、「Madden 25」、「NBA Live 14」、「UFC」、Turn 10 Studiosの新作「Forza Motorsport 5」、Remedyの新作「Quantum Break」、Activision Publishingの新作「Call of Duty: Ghosts」、そしてさらに、スティーヴン・スピルバーグ監督が手掛ける「Halo」のTVシリーズも同時に正式発表されました。

▼「Forza Motorsport 5」 Announce Trailer

▼「Call of Duty: Ghosts」 Official Trailer

スティーヴン・スピルバーグ監督が手掛ける「Halo」のTVシリーズ

スティーヴン・スピルバーグ監督が手掛ける「Halo」のTVシリーズ

なお、発売されるゲームソフトの詳細については後日開催されるE3にて発表される模様です。

ちなみにゲーマータグやXbox LIVEのゴールドメンバーシップは現状のものを引き続き使用できますが、Xbox360のソフトとの互換性はないそうです。

(via Xbox.com

【追記】

Ubisoftの「Assassin’s Creed IV: Black Flag」、「Watch Dogs」、Bungieの「Destiny」、EAの「Battlefield 4」、Eidos Montrealの「Thief」がそれぞれXbox One対応を発表しました。


|

« 部屋の中に入りたい猫 | トップページ | お尻にドライヤーを当てられた猫の笑顔 »