« 天気予報の雨マーク(強風バージョン) | トップページ | 【ギネス認定】 世界一長い猫(動画) »

2011.09.21

太陽を2つ持つ惑星「ケプラー16b/Kepler-16b」(動画あり)

米SETI(地球外生命探査)研究所(SETI Institute)などのチームが15日の米科学誌サイエンス(Science)に発表。

太陽を2つ持つ惑星「ケプラー16b/Kepler-16b」

まるで映画『スターウォーズ』に出てくる惑星「タトゥイーン」。
ちなみにルーク・スカイウォーカーの故郷であるタトゥイーンは灼熱の砂漠の惑星だが、米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡「ケプラー(Kepler)」により発見されたこの「ケプラー16b(Kepler-16b)」は氷の惑星だという。
「太陽」を2つ持つとみられる惑星はいくつか発見されていたが、2つの「太陽」の前を横切るという決定的瞬間がとらえられたのは今回のケプラー16bが初めて。
また、ケプラー16bは地球から約200光年の場所にあり、土星ほどの大きさ。2つの恒星の周りを229日周期で、ほぼ完璧な円の軌道で公転している。

|

« 天気予報の雨マーク(強風バージョン) | トップページ | 【ギネス認定】 世界一長い猫(動画) »